だしハピ

元気とキレイの源「食」の情報を、
「出汁」をメインに発信します。

知っておきたい「出汁」と「食」の基礎知識

原料の産地

  • 更新日: 2015年09月25日
  • 156 views 

原料の産地

食に対する意識が高まり、原料の産地についてもしっかり確認する方が増えています。このページでは、商品選びの際にチェックしておきたい原料の産地と健康への影響についてご紹介します。

購入前にチェックしたい原料の産地

輸入原材料を使用した食品トラブルが懸念される今日、消費者自身が食品購入時に気をつける必要があるのが、「原材料の産地」です。食材そのものや加工食品などに限らず、料理の土台となるだしや調味料を選ぶ際にも、原料の産地について確認するようにしましょう。

国内企業が行った消費者調査によると、食品購入時に最も気にすることの第1位が「産地」、次いで2位が「価格」、3位が「鮮度」という結果に。産地を重要視する理由としては、「安全な食品を購入したい」「国産のものを厳選したい」という声が挙げられています。

これらのリサーチ結果に共感できるという人も多いのではないでしょうか。原料の産地が国外となると、目の届かない場所で生産されているという不安がぬぐいきれません。輸入食材がすべて危険なわけではありませんし、逆に国内産は絶対に安心というわけでもないので、購入者自身の見極めが必要となってきます。

安全だしと原産地

産地の表示は、JAS法の品質表示基準で定められている項目で表示が義務づけられています。上の消費者調査の結果からもわかるように、食の安全性を確保する上で重要なチェック項目となっています。食材の購入時はもちろん、だしや調味料を選ぶ際にも、原料の産地をしっかり確認しておきたいものです。

やはり、安心感の点で見ると、日本国内でとれた原料が安心です。というのも、海外から輸入される食材は、輸送時に品質が損なわれないように、保存料や防腐剤を使用されていることが多いから。

商品のパッケージを見ると、国内産100%と書かれているものもたくさんありますが、中でも具体的な産地名まで詳しく記載されているとより安心感が強まります。購入時には、まず国内産であるかどうかをチェックする習慣をつけましょう。

 

ママが選ぶ総合ランキング

やずやの黄金極みだし

「熟成やずやの香醋」や「雪待にんにく卵黄」などで有名な、やずや。そのやずやが厳選した、6つの国内産素材を元に作った出汁が、「やずやの黄金極みだし」です。通販でしか買えない貴重なだしを試食し、評価をしてみました。


新だし

「新だし」は、福岡の井口食品が作っている出汁パックです。井口食品は、もともと海産物問屋で、有明海の海苔を使った焼き海苔や、ふりかけなどを製造しています。その井口食品が、「名島屋」ブランドで作っている出汁、それが「新だし」です。


千代の一番

テレビの通販番組などでおなじみの「千代の一番」。出汁だけでなく、様々な商品を販売していますね。
その「千代の一番」の商品から選んだ出汁には、「一本釣り鰹」という名前がついています。これは気になりますね~!


茅乃舎だし

自然食レストラン「茅乃舎」という福岡のレストランはご存知でしょうか。テレビのグルメ番組で、時々見るようになりました。福岡の食材を中心とした、自然食料理で評判の店です。そのレストランが作った出汁が、「茅乃舎」だしです。レストランの評判どおりのだしでしょうか。


てら岡の天然だし

博多では、最近になって出汁パックを商品化するお店が出てきました。「てら岡の天然だし」も、 博多の有名な老舗料亭「てら岡」が作った出汁パックです。グルメの激戦地「博多」から生まれた 出汁の実力はどうなのでしょうか?


本枯鰹節薫る味だし

鰹節専門店として、三百年以上の伝統を誇る「にんべん」。最近は、東京の日本橋に「日本橋だし 場」という店舗もオープンし、出汁ブームの火付け役となっています。
そんな「にんべん」が作った出汁パックが「本枯鰹節薫る味だし(かつお・昆布)」です。

手軽で本格!出汁パック

「出汁」を取るのって手間も時間もかかりそう・・・「出汁」の取り方がわからない・・・
「出汁パック」でも美味しい出汁がとれるの・・・??など出汁に関するお悩みを持っている方も多いはず。
そんなあなたには「出汁パック」がおすすめです。
  • 手軽で本格だしパック!知って得する厳選だしパックのご紹介!
  • 本格だし徹底比較!人気の本格だしを徹底比較してみました!
PAGE TOP ▲