だしハピ

元気とキレイの源「食」の情報を、
「出汁」をメインに発信します。

知っておきたい「出汁」と「食」の基礎知識

商品詳細 茅乃舎だし

  • 更新日: 2015年09月25日
  • 1,219 views 

久原本家 茅乃舎だし

福岡の自然食レストラン「茅乃舎」が考案した家庭用だし。お店を訪れた人々からの「家庭でも再
現したい」という要望に答えた商品です。
料理長が自ら素材選択、配合を務め、家庭で本格的な味がだせるよう絶妙な配合が成されています。煮出しに時間がかからないように素材は細かくなるまでしっかり砕いてあるため、1~2分でだしをとることができます。
また、海塩と醤油で下味がついているので、だしのまま使うこともできます。パックの中身をそのまま食べることも可能。添加物は一切使用していないので安心。本格的な味を様々な方法で楽しめる便利なだしです。

8g×5 袋( 合計40g)
386円( 税込・送料別)

ご購入はこちら

 

通常価格 386円 (税込・送料別) 形状 粉末
定期価格 ー円(税・送料別) 内容量 8g×5袋(40g)
単価/1回 賞味期限 1年
煮出し時間 1~2分
主要原料 焼きあご、かつお節、うるめいわし、真昆布、海塩
販売元 久原本家
原材料 風味原料[かつお節、煮干しエキスパウダー(いわし)、焼きあご、うるめいわし節、昆布]、 でん粉分解物、酵母エキス、食塩、粉末醤油、発酵調味料
(原材料の一部に小麦、大豆を含む)
成分 エネルギー 25.1kcal たんぱく質 2.448g 脂質 0.232g
炭水化物 3.304g ナトリウム 416mg 食塩相当量(1.056g)
※ ー
アレルゲン 小麦、大豆

商品の特徴

自然食レストラン「茅乃舎」という福岡のレストランはご存知でしょうか。テレビのグルメ番組で、時々見るようになりました。福岡の食材を中心とした、自然食料理で評判の店です。そのレストランが作った出汁が、「茅乃舎」だしです。レストランの評判どおりのだしでしょうか。5段階評価をしてみました!

 

好感度!サービス

★

なんと、商品だけでした…
だしパックは、基本だし一つにしても、使い方がわからないと困ると思います。また、「やずやの黄金極みだし」のレシピを見ると、様々な料理に使うことができ、とても便利です。
ホームページを見ると、茅乃舎のだしも同じように使えるようです。ただ、料理の時にパソコンをキッチンに持ち込むのも面倒です。「やずやの黄金極みだし」などのように、レシピ集を入れてもらえると良いと思いました。

 

だしの香り

★

次は香りのチェックです。基本だしの作り方は、パッケージに書いてありましたので、そのとおりに煮出して、香りをかいでみました。

茅乃舎だしは、他のだしに比べて味が濃いように思います。しっかりとした香りがついています。かつおだけでなく、いろいろな香りがしました。色も他のだしに比べて濃くなっています。
さすがは茅乃舎さん。少しの時間でこんなに香りが出るということは、素材が豊富だからでしょうか。味にもとても期待が持てました。

 

だしの味

★

茅乃舎だしの基本だしを、実際に飲んでみました。
香りで感じたとおり、基本だしなのにしっかりと味がついています。ホームページを見ると、だしの出がよいことがセールスポイントのようですので、この濃さは納得です。
パッケージのレシピどおりで、1・2分煮出しただけで、味を感じました。塩が入っているのも、味の濃さを感じる理由なのかもしれません。
ただ、これだけ基本だしで味がついていると、使い方がかえって難しいのかもしれません。料理によっては、だしの味が控えめのほうがよい場合もあるでしょう。そう言ったケースでは、利用法に工夫が必要なのかもしれません。
「千代の一番」の味で料理を作りたいときは有塩タイプで、自分で味付けをしたい場合は無縁タイプというように、使い分けると良いのではないでしょうか。

 

素材との相性

★

基本だしでは味の濃さを感じた「茅乃舎だし」。シンプルに、大根を煮てみるとどんな味わいになるのでしょうか。素材との相性を確かめてみました。他には一切の調味料を入れておりません。

やはり、しっかりと味が付きました!これだけで料理が一品完成です。素材をホームページで確認すると、かつお節・真昆布・海塩・うるめいわし・焼きあごが使われているとのことでした。
素材の味が十分に活かされていると思います。
自然食レストランの料理長が丹精込めて作っているとのことですので、出汁として本格的な味わいになっているようです。
なお、他の出汁に比べると少し濃いと思いますので、料理の際は味を確かめて利用すると良いと思いました。

 

金額

★

一包あたり約77円です。(5袋・386円で計算)
ちょっと高いように思いますが、素材の多さや、作る際の手間などを考慮すると、ある程度は納得できる金額ではないでしょうか。

以上、「茅乃舎だし」の試食結果でした。
テレビなどでよく見るようになった、茅乃舎。そのだしは、やはり実力派でした!だしブームに乗って、さらに有名になりそうですね。あと、通販の際は、レシピ集を入れていただけると嬉しいです!

茅の舎だしについてもっと知りたい方はこちら

 

  

ママが選ぶ総合ランキング

やずやの黄金極みだし

「熟成やずやの香醋」や「雪待にんにく卵黄」などで有名な、やずや。そのやずやが厳選した、6つの国内産素材を元に作った出汁が、「やずやの黄金極みだし」です。通販でしか買えない貴重なだしを試食し、評価をしてみました。


新だし

「新だし」は、福岡の井口食品が作っている出汁パックです。井口食品は、もともと海産物問屋で、有明海の海苔を使った焼き海苔や、ふりかけなどを製造しています。その井口食品が、「名島屋」ブランドで作っている出汁、それが「新だし」です。


千代の一番

テレビの通販番組などでおなじみの「千代の一番」。出汁だけでなく、様々な商品を販売していますね。
その「千代の一番」の商品から選んだ出汁には、「一本釣り鰹」という名前がついています。これは気になりますね~!


茅乃舎だし

自然食レストラン「茅乃舎」という福岡のレストランはご存知でしょうか。テレビのグルメ番組で、時々見るようになりました。福岡の食材を中心とした、自然食料理で評判の店です。そのレストランが作った出汁が、「茅乃舎」だしです。レストランの評判どおりのだしでしょうか。


てら岡の天然だし

博多では、最近になって出汁パックを商品化するお店が出てきました。「てら岡の天然だし」も、 博多の有名な老舗料亭「てら岡」が作った出汁パックです。グルメの激戦地「博多」から生まれた 出汁の実力はどうなのでしょうか?


本枯鰹節薫る味だし

鰹節専門店として、三百年以上の伝統を誇る「にんべん」。最近は、東京の日本橋に「日本橋だし 場」という店舗もオープンし、出汁ブームの火付け役となっています。
そんな「にんべん」が作った出汁パックが「本枯鰹節薫る味だし(かつお・昆布)」です。

PAGE TOP ▲