だしハピ

元気とキレイの源「食」の情報を、
「出汁」をメインに発信します。

知っておきたい「出汁」と「食」の基礎知識

商品詳細 新だし

  • 更新日: 2015年09月25日
  • 808 views 

名島屋 新だし 

鹿児島枕崎のかつお節に北海道の羅臼昆布、長崎産のうるめいわし(弊社で焙煎し、さらに乾燥
させ、臭みを取りおいしく致しております)をブレンドし、醤油のもとの最高級熟成もろみを加
える事により天然のアミノ酸の旨味が加わりました。名島屋の新だしは素材にとことんこだわりました。
全国の本場から厳選した天然素材だけを使用する事で素材との絶妙のハーモニーで深い味わいを約束。大地と海に育まれた本物のおいしさに親しんでいただきたいから、防腐剤などの添加物は一切加えておりまん。化学調味料なども入っていないので、天然の味そのものが料理の素材を活かします。

8g×30 包(合計240g)
1,200 円( 税・送料別)

ご購入はこちら

 

通常価格 1,200円(税・送料別) 形状 粉末
定期価格 ー円(税・送料別) 内容量 8g×30袋(240g)
単価/1回 賞味期限 6ヶ月
煮出し時間
主要原料 かつお節、昆布、うるめいわし、もろみ
販売元 名島屋
原材料 かつお節、うるめいわし、もろみ(大豆(遺伝子組み換えない)を含む)、昆布
(原材料の一部に大豆、小麦を含む※)
成分 エネルギー 27.6kcal たんぱく質 5.44g 脂質 0.38g
炭水化物 0.58g ナトリウム
※新だし1袋(8g)当り
アレルゲン 小麦、大豆

商品の特徴

「新だし」は、福岡の井口食品が作っている出汁パックです。井口食品は、もともと海産物問屋で、有明海の海苔を使った焼き海苔や、ふりかけなどを製造しています。その井口食品が、「名島屋」ブランドで作っている出汁、それが「新だし」です。5段階で評価してみました。

 

好感度!サービス

★

名島屋の「新だし」を通販で取り寄せたところ、いろいろな同封品がありました。簡単なレシピや、お礼状などが入っていました。お礼状には、ご担当が手書きで書いたお礼文があって好印象でした。また、同封のカタログには、「新だし」が「なっとく商品」の認定を受けてい
るという説明がありました。
「なっとく商品」というのは、九州の商品を評価し、審査を通過した商品に与えられる称号とのことです。評価・審査をするのは、消費者や消費生活アドバイザーですので、これは期待が高まりますね!

<同封品>
・名島屋新だし活用術 おでん編
・名島屋 通販カタログ
・お礼状(印刷でしたが、ご担当の添え書きがありました。)
・試験成績証明書(日本冷凍食品検査協会による)
・注文書

 

だしの香り

★

名島屋の「新だし」をレシピどおりに煮出し、だし汁を作って香りをチェックしました。
香りをチェックしてみます。

この出汁は、鰹の香りが強く、とてもシンプルな香りでした。この出汁が他と大きく違うのは、
もろみを使っているという点です。本場熊本の厳選された熟成もろみを使っているとのことで
期待していましたが、香りの段階ではまだよくわかりませんでした。
ですが、鰹の香りはとても良いので、この後の試食にも期待が持てますね!

 

だしの味

★

名島屋の「新だし」で作っただし汁を、実際に試飲してみました。
香り同様、とてもシンプルでした。薄味で、にんべんと同じような味わいです。出汁は、素材に塩
分が無いと、味をシンプルに感じるようです。また、九州の出汁で定番の「焼きあご」もありませ
んでした。これも、他に比べて味をシンプルに感じた要因かもしれません。

 

素材との相性

★

大根を名島屋の「新だし」で作っただし汁で似て、試食してみました。「新だし」の特徴である「熟
成もろみ」の効果はどうでしょうか?なお、他には一切の調味料を入れておりません。

とても上品な味でした!この試食では、「熟成もろみ」の味は感じませんでしたが、とてもまろやかな味わいなのは、もろみのおかげなのではないでしょうか。
あと、試食中にどこかで食べたことがある味だな…と思っていたのですが、同封されていたレシピをみてわかりました。関西風のおでんです!私は関東に住んでいて、家で食べるおでんは関東風です。次回は、ぜひ「新だし」で関西風のおでんにチャレンジしたいですね。

 

金額

★

一包あたり約51円です。(30袋・1,550円で計算)
他に比べて、とてもお得です!いくらおいしくでも、高すぎると普段使いができなくてちょっと不便に感じます。その点、この金額はとてもありがたいですね。

以上、名島屋の「新だし」の試食結果でした。
実は、注文の段階で、名島屋さんにはマイナスイメージを持ってしまいました。理由は、商品が他に比べて到着が遅かったからです。(今回比較した商品は全て同じ日に、各社のホームページから注文しました。)
ですが、ホームページをよく読んでみたところ、理由がわかりました。この商品は、新鮮さを保つために作り置きをせず、注文に応じて生産するそうです。そのため、発送が遅くなるとのことでした。到着が遅くても良い商品を届けるという姿勢は、と
ても良いと思いました!

名島屋の新だしについてもっと知りたい方はこちら

  

ママが選ぶ総合ランキング

やずやの黄金極みだし

「熟成やずやの香醋」や「雪待にんにく卵黄」などで有名な、やずや。そのやずやが厳選した、6つの国内産素材を元に作った出汁が、「やずやの黄金極みだし」です。通販でしか買えない貴重なだしを試食し、評価をしてみました。


新だし

「新だし」は、福岡の井口食品が作っている出汁パックです。井口食品は、もともと海産物問屋で、有明海の海苔を使った焼き海苔や、ふりかけなどを製造しています。その井口食品が、「名島屋」ブランドで作っている出汁、それが「新だし」です。


千代の一番

テレビの通販番組などでおなじみの「千代の一番」。出汁だけでなく、様々な商品を販売していますね。
その「千代の一番」の商品から選んだ出汁には、「一本釣り鰹」という名前がついています。これは気になりますね~!


茅乃舎だし

自然食レストラン「茅乃舎」という福岡のレストランはご存知でしょうか。テレビのグルメ番組で、時々見るようになりました。福岡の食材を中心とした、自然食料理で評判の店です。そのレストランが作った出汁が、「茅乃舎」だしです。レストランの評判どおりのだしでしょうか。


てら岡の天然だし

博多では、最近になって出汁パックを商品化するお店が出てきました。「てら岡の天然だし」も、 博多の有名な老舗料亭「てら岡」が作った出汁パックです。グルメの激戦地「博多」から生まれた 出汁の実力はどうなのでしょうか?


本枯鰹節薫る味だし

鰹節専門店として、三百年以上の伝統を誇る「にんべん」。最近は、東京の日本橋に「日本橋だし 場」という店舗もオープンし、出汁ブームの火付け役となっています。
そんな「にんべん」が作った出汁パックが「本枯鰹節薫る味だし(かつお・昆布)」です。

PAGE TOP ▲