だしハピ

元気とキレイの源「食」の情報を、
「出汁」をメインに発信します。

知っておきたい「出汁」と「食」の基礎知識

商品詳細 てら岡の天然だし

  • 更新日: 2015年09月25日
  • 293 views 

てら岡の天然だし

博多の老舗料亭の味を再現した天然和風だしです。
豊富なビタミンを含む全8種の国産素材を料 理長がセレクト。中でも特徴的なのが、他のだし にはあまり見られない桜海老と帆立貝柱。
これらの素材はだしに独特のコクと深みを加えてくれます。
帆立貝柱にはうま味成分の他に豊富な ミネラルやビタミンB2も含まれており健康増進 に良いとも。
化学調味料、保存料の類は全く使用しておらず、子どもからお年寄りまで安心して楽しめます。 厳選素材の詰まっただしパックで、ご家庭の料 理に「てら岡」のエッセンスをプラス!

8g×5 袋( 合計40g)
540円(税込・送料無料)

ご購入はこちら

 

通常価格 540円(税込・送料無料) 形状 粉末
定期価格 ー円(税・送料別) 内容量 8g×5袋(40g)
単価/1回 賞味期限 1年
煮出し時間 3~5分
主要原料 さば節、かつお節、いわし煮干し、椎茸、桜海老、帆立貝柱、羅臼昆布、焼きあご
販売元 てら岡
原材料 風味原料[かつお節、いわし煮干し、さば節、羅臼昆布、椎茸、焼あご、桜海老、帆立貝柱]、食塩、酵母エキス、粉末醤油

(原材料の一部に小麦、大豆を含む)
成分 エネルギー ー kcal たんぱく質 ー g 脂質 ー g
炭水化物 ー g ナトリウム ー mg
※ ー
アレルゲン 小麦、大豆

商品の特徴

博多では、最近になって出汁パックを商品化するお店が出てきました。「てら岡の天然だし」も、
博多の有名な老舗料亭「てら岡」が作った出汁パックです。グルメの激戦地「博多」から生まれた
出汁の実力はどうなのでしょうか?5段階で評価してみました。

好感度!サービス

★

てら岡

実は、同封品については期待していませんでした。メール便で届いたのですが、封筒がちょっと
薄かったからです。
ですが、開けたらびっくり!「てら岡の天然だし」には、レシピ集はもちろん、手書きの添え状ま
で入っていました。このような手間がかかることは、通販ではなかなかできないと思います。と
ても感激しました。ただ、レシピに具体的な調理方法が無いので、これを見てゼロから料理を作
るのは難しいかなと思います。そのため、評価を4にさせていただきました。

<同封品>
・手書きの添え状
担当の方が一筆箋に書いた、手書きの添え状でした。
・お礼状
こちらは印刷でしたが、出汁に対する熱い思いが伝わってきました。
・だしメニューレシピ集
和食だけでなく、洋食のレシピも掲載されていたのが印象的でした。

だしの香り

★

「てら岡の天然だし」を煮出して、香りをチェックしました。

この出汁は、他の出汁とちょっと香りがちょっと違いました。素材を見ると、鰹節や昆布などの
ほかに、桜海老や帆立の貝柱なども入っているようです。
この違いはかなり大きいのでしょうね。香りの違いが味にどう出るか、とても興味があります。

だしの味

★

次に、「てら岡の天然だし」で作った基本だしを、実際に飲んでみます。
香りをかいだ時の予想どおり、味も他とは違いました!桜海老と帆立の貝柱によって、味に特
徴が出ているように思います。
これらの食材を使うのは、洋食や中華などでも使えるようにという考えなのでしょうか。レシ
ピ集にも、「角切りベーコンとレタスのスープ」など、他にはない料理が掲載されていました。で
すので、使い道を間違えなければ、料理を引き立てる出汁だと思いました。

素材との相性

★

「てら岡の天然だし」の基本だしで、大根を煮てみました。桜海老や帆立の貝柱が入った出汁は、
素材との相性はどうなのでしょうか。他には一切の調味料を入れておりません。

「てら岡の天然だし」の基本だしで、大根を煮てみました。桜海老や帆立の貝柱が入った出汁は、
素材との相性はどうなのでしょうか。他には一切の調味料を入れておりません。
結果ですが、「にんべん」のように、ちょっと薄味でした。桜海老や帆立の貝柱は、思ったほど感
じられませんでした。
この結果は、「てら岡の天然だし」が悪いというわけではなく、単純に使い道として違うのだろ
うと考えています。素材の良さを引き出すというより、料亭のように、上品な料理の基本として
使うのが良いのでしょう。桜海老や帆立を使っているということなので、相性のよさそうな中
華料理でも試してみたいですね。

金額

★

一包あたり約108円です。(5袋・540円で計算)
厳選された素材を多く使っているからでしょうか。一方あたりで割ると高めの金額でした。高
級料亭の「てら岡」が厳選した素材を使っているので、このぐらいの金額になってしまうので
しょう。

以上、「てら岡の天然だし」の試食結果でした。
福岡の高級料亭が作った出汁パックは、素材で他社との違いを打ち出した特徴のある出汁だ
と思います。素材といい手書きの添え状といい、作り手のこだわりを感じる出汁でした。

てら岡の天然だしについてもっと知りたい方はこちら

 

  

ママが選ぶ総合ランキング

やずやの黄金極みだし

「熟成やずやの香醋」や「雪待にんにく卵黄」などで有名な、やずや。そのやずやが厳選した、6つの国内産素材を元に作った出汁が、「やずやの黄金極みだし」です。通販でしか買えない貴重なだしを試食し、評価をしてみました。


新だし

「新だし」は、福岡の井口食品が作っている出汁パックです。井口食品は、もともと海産物問屋で、有明海の海苔を使った焼き海苔や、ふりかけなどを製造しています。その井口食品が、「名島屋」ブランドで作っている出汁、それが「新だし」です。


千代の一番

テレビの通販番組などでおなじみの「千代の一番」。出汁だけでなく、様々な商品を販売していますね。
その「千代の一番」の商品から選んだ出汁には、「一本釣り鰹」という名前がついています。これは気になりますね~!


茅乃舎だし

自然食レストラン「茅乃舎」という福岡のレストランはご存知でしょうか。テレビのグルメ番組で、時々見るようになりました。福岡の食材を中心とした、自然食料理で評判の店です。そのレストランが作った出汁が、「茅乃舎」だしです。レストランの評判どおりのだしでしょうか。


てら岡の天然だし

博多では、最近になって出汁パックを商品化するお店が出てきました。「てら岡の天然だし」も、 博多の有名な老舗料亭「てら岡」が作った出汁パックです。グルメの激戦地「博多」から生まれた 出汁の実力はどうなのでしょうか?


本枯鰹節薫る味だし

鰹節専門店として、三百年以上の伝統を誇る「にんべん」。最近は、東京の日本橋に「日本橋だし 場」という店舗もオープンし、出汁ブームの火付け役となっています。
そんな「にんべん」が作った出汁パックが「本枯鰹節薫る味だし(かつお・昆布)」です。

PAGE TOP ▲