だしハピ

元気とキレイの源「食」の情報を、
「出汁」をメインに発信します。

知っておきたい「出汁」と「食」の基礎知識

コンビニのおでんから見る地域の味

  • 更新日: 2015年11月02日
  • 281 views 

体感気温が下がるという九月や十月はコンビニのおでんの売れ行きが伸びる時期です。
温かそうな湯気と、美味しそうな香りについつい吸い寄せられて買ってしまいますよね。
わたしもそんな一人です♪(^^♪

過去の記事で出汁の地域性についてお話ししましたね。
【過去記事:関西と関東の出汁の違いより】
今日はそんな味の地域性についてのお話しです。

全国各地にあるコンビニのおでんですが、
そんなおでんの出汁には地域差があることをご存知ですか?
例えば、【セブンイレブンのおでん】では、8つの地域で8つの出汁を使い分けています。

北海道   →煮干昆布、貝類
東北・信越 →焼干、練物(魚)
関東    →かつお節、昆布、宗田かつお節
東海    →むろ節、牛
関西    →昆布、牛、鶏
中国    →煮干、鶏、牛
四国    →煮干、牛、鶏
九州    →あご、椎茸、鶏、牛

セブンイレブン以外のコンビニチェーンでも出汁のブレンドを変えたり具をオリジナルにしたりと、いろいろな工夫があるみたいですね。
出汁って「家庭の味」があって、飲むとホッと身も心も温まりますもんね。

このように出汁には地域差が濃く出るんです。

だんだんと寒くなり、おでんが更に美味しくなる時期です。
あなたの家の出汁はどんな味ですか?

    手軽で本格!出汁パック

    「出汁」を取るのって手間も時間もかかりそう・・・「出汁」の取り方がわからない・・・
    「出汁パック」でも美味しい出汁がとれるの・・・??など出汁に関するお悩みを持っている方も多いはず。
    そんなあなたには「出汁パック」がおすすめです。
    • 手軽で本格だしパック!知って得する厳選だしパックのご紹介!
    • 本格だし徹底比較!人気の本格だしを徹底比較してみました!
    PAGE TOP ▲