だしハピ

元気とキレイの源「食」の情報を、
「出汁」をメインに発信します。

知っておきたい「出汁」と「食」の基礎知識

美味しい煮干し出汁を取るポイント

  • 更新日: 2015年11月19日
  • 161 views 

かつて日本人にとって一番身近な出汁は煮干し出汁だったことみなさん知っていますか?

煮干の原材料は、大量に取れて且つ生食や加工に向かない、カタクチイワシや、トビウオなどです。
カツオ節や昆布とは違い、煮干しの原料となる小魚は日本各地で漁獲することが可能であったため、
煮干しは日本全国で出汁のもととして親しまれていました。
煮干し出汁は、カツオ節出汁や昆布出汁よりも身近なものだったのです。
そのため煮干し出汁はみそ汁などの身近な食べものによく使われるのです。

そんな煮干し出汁をとる際のポイントをここでは紹介したいと思います。

一つ目は、中骨のところで身を半分に割くこと。
そうすると何もしないよりも出汁が出やすくなります。

二つ目は、空炒り。
出汁をとる前に頭とはらわたを取って、
そのあと3分ほど空炒りすると煮干しから臭みが取ることができます。

三つ目は、煮干しは必ず水出しすること。
煮出しより水出しの方が雑味が少なく、煮干のクセもない良質な出汁がとれるからです。

以上三つが美味しい煮干し出汁を取るポイントです。
ぜひ参考にして、美味しい煮干し出汁をとってくださいね☆

    手軽で本格!出汁パック

    「出汁」を取るのって手間も時間もかかりそう・・・「出汁」の取り方がわからない・・・
    「出汁パック」でも美味しい出汁がとれるの・・・??など出汁に関するお悩みを持っている方も多いはず。
    そんなあなたには「出汁パック」がおすすめです。
    • 手軽で本格だしパック!知って得する厳選だしパックのご紹介!
    • 本格だし徹底比較!人気の本格だしを徹底比較してみました!
    PAGE TOP ▲