だしハピ

元気とキレイの源「食」の情報を、
「出汁」をメインに発信します。

知っておきたい「出汁」と「食」の基礎知識

出汁の特長と日本人

  • 更新日: 2015年11月26日
  • 237 views 

食生活が多様化してきて、伝統的な食生活を守れなくなって来ているとは言え
出汁は日本人の食生活からは切り離せない重要な調味料です。

だしは室町時代の書物に記述があるのが最古であり
鳥を煮て調理するということは『にたし』と言われていました。

その後、江戸時代にあるにつれて様々なものから出汁を取るようになってきて
昆布だし、かつおだし、そして一番だし、二番出汁の概念も生まれてきました。

出汁の成分についての研究がはじまり、うま味が発見されたのは20世紀になってからでした。
最初に発見した方は、東京帝国大学の池田菊苗さん。
かつお節からの旨味成分や椎茸からの旨味成分など
次々と多くの材料からうまみ成分が発見されていきました。

ちなみに池田菊苗さんの発見したうま味については
「よく言われる「うま味」って?」の記事の中でも詳しく紹介されています。

この様な歴史のある出汁には様々な活用法があり、日本食の基礎になっています。

世界の中でも評判の日本食の繊細な味付けを可能としているのが出汁の存在です!

世界でも有数の食の都になることができ、評判の高い日本食を作り出すことができたのは
うまみを見つけた日本人特有の繊細さと関係あるのではないでしょうか。

食生活が欧米化してきたとはいえ、近年はヘルシー志向の人が多く和食が注目されつつあります。

    手軽で本格!出汁パック

    「出汁」を取るのって手間も時間もかかりそう・・・「出汁」の取り方がわからない・・・
    「出汁パック」でも美味しい出汁がとれるの・・・??など出汁に関するお悩みを持っている方も多いはず。
    そんなあなたには「出汁パック」がおすすめです。
    • 手軽で本格だしパック!知って得する厳選だしパックのご紹介!
    • 本格だし徹底比較!人気の本格だしを徹底比較してみました!
    PAGE TOP ▲