だしハピ

元気とキレイの源「食」の情報を、
「出汁」をメインに発信します。

知っておきたい「出汁」と「食」の基礎知識

だしをとった後の食品の再利用法!!

  • 更新日: 2015年12月21日
  • 1,035 views 

だしを取り終えた後のかつおぶしや昆布は捨てるしかないのだろうか・・・もったいない。。
そんな悩みを抱えているあなた!!
今日はその再利用法についていくつか紹介します!

【昆布】
・2度目のだしをとる
良い昆布の場合、天日干しにすることで美味しい二番出汁がとれます。

・佃煮にする
だしをとったら2㎝角くらいに切ってジップロックなどに入れ冷凍します。ある程度たまったら佃煮にしてしまいましょう。
乾燥で30gぐらいの昆布ならたっぷりの水としょうゆ大さじ1酢大さじ1.5で煮るとクセのない佃煮になります。

・おにぎりの具に、ふりかけに
つくった佃煮をおにぎりの具にしても美味しくいただけます。
また、細かく刻んで、醤油やミリン、砂糖、ごまなどと一緒にフライパンで炒ってふりかけに。

・炒め物やスープに
昆布は細切りにすれば具材として使えます。野菜炒めやスープ、その日のメニューの料理にいれてしまいましょう!

・その場で食べる
1番手っ取り早いのがこの方法。昆布には甲状腺ホルモンの原料であるヨウ素(ヨード)がたっぷりと含まれており、肌の新陳代謝を活発にします!カロリーも低いのでダイエットにはもってこいですね!

【かつおぶし】
・味噌汁や煮物の具材にする
だしをとる前に手で細かくしておくことで、だしをとった後のおつゆに混ぜて、飲んでしまう。

・他の食材に混ぜる
ハンバーグやお好み焼き、かきあげ天ぷら、唐揚げなどに混ぜる。

このように、いろんな活用法があります!【出汁パックの活用術
昆布もかつおぶしも細かく刻んで、冷凍保存ができるので、ぜひ自分流のアレンジも考えてみてください!!
⇒参考記事

    手軽で本格!出汁パック

    「出汁」を取るのって手間も時間もかかりそう・・・「出汁」の取り方がわからない・・・
    「出汁パック」でも美味しい出汁がとれるの・・・??など出汁に関するお悩みを持っている方も多いはず。
    そんなあなたには「出汁パック」がおすすめです。
    • 手軽で本格だしパック!知って得する厳選だしパックのご紹介!
    • 本格だし徹底比較!人気の本格だしを徹底比較してみました!
    PAGE TOP ▲