だしハピ

元気とキレイの源「食」の情報を、
「出汁」をメインに発信します。

知っておきたい「出汁」と「食」の基礎知識

お酒とおつまみ

  • 更新日: 2016年01月21日
  • 165 views 

a0002_006554
調理の際に料理酒を使っているように、お酒と食べ物は相性が良く、双方の美味しさを引き立たせる効果があります。

そこで、お酒との上手な付き合い方を紹介します。

 

空腹時にお酒を飲むのはあまり良くないと言われています。

アルコールは、胃の中に何も入ってないと吸収が速くなってしまいます。

食べ物に含まれるたんぱく質、ビタミンB1・B2、タウリンなどは、

肝臓の代謝機能を高めることができ、アルコール分解を促進します。

 

例えば枝豆やチーズ、卵、魚などは良質なたんぱく質を含んでいます。

またほたてやあさりなどの貝類やいか・たこなどには

血圧の調整や肝臓機能の改善に効果があるタウリンが含まれています。

ごまや落花生などのナッツ類には、アルコール分解に必要なビタミンB1は多く含まれています。

 

このようにお酒を飲むときには一緒に食べ物も食べることがすすめられています。

ですが、定番の唐揚げやフライドポテトは高カロリーで、お酒もカロリーが高いので、

脂肪肝や肥満につながる恐れがあります。

またおつまみには塩味の濃いものが多いので高血圧の原因にもなります。

食べ過ぎや飲みすぎには注意して、適度に美味しくお酒を楽しみましょう。

    手軽で本格!出汁パック

    「出汁」を取るのって手間も時間もかかりそう・・・「出汁」の取り方がわからない・・・
    「出汁パック」でも美味しい出汁がとれるの・・・??など出汁に関するお悩みを持っている方も多いはず。
    そんなあなたには「出汁パック」がおすすめです。
    • 手軽で本格だしパック!知って得する厳選だしパックのご紹介!
    • 本格だし徹底比較!人気の本格だしを徹底比較してみました!
    PAGE TOP ▲