だしハピ

元気とキレイの源「食」の情報を、
「出汁」をメインに発信します。

知っておきたい「出汁」と「食」の基礎知識

美容

和食の基本である「出汁」は美味しいだけではなく、キレイの素と元気の素が詰まっています。
美容と健康のためにも、出汁を使った生活を送りたいですね。
だしの旨味成分である「アミノ酸」には肌効果が期待される事はご存じの方も多いかと思いますが、それ以外にも美容に良い成分がたっぷりです。
ここでは、出汁に良くつかわれるカツオ節、昆布、煮干しの健康に関する役割をお伝えいたします。

  • 更新日: 2016年07月07日
  • 138 views 

<カツオ節>

●アンチエイジング

イノシン酸は細胞のDNAのもとになるため、体内のイノシン酸が不足すると新しい細胞が作られにくくなり、老化が起こりやすくなります。
体内のイノシン酸は加齢と共に減っていくため、イノシン酸を食品から補うようにすると細胞が若返りやすくなり、内臓の活性化や美肌などアンチエイジング効果が期待できます。

●ダイエット効果

ヒスチジンは脂肪を燃焼させてエネルギーに変えるはたらきを促進させるため、ヒスチジンの豊富なかつおぶしはダイエットの味方になる食品といえるでしょう。

<昆布>

●美肌効果

甲状腺ホルモンが不足すると、肌がカサカサしやすくなります。昆布には甲状腺ホルモンの原料となるヨウ素(ヨード)がたっぷりと含まれており、適度な摂取は肌の新陳代謝を活発にします。
また、昆布に含まれるビタミンB2には、肌を美しく保つ働きもあります。

●ストレス解消

ストレスがたまった時、カルシウムの吸収を良くすると、イライラする気持ちを和らげます。昆布にはカルシウムがたっぷり含まれています。
ストレスを溜めると美容にも悪影響を与えてしまいます。

●ツヤのある髪・爪

昆布に含まれるミネラル分には新陳代謝を高める働きがあります。また、昆布の中のビタミンB1は疲労回復の働きがあります。普段から疲れやすく、その疲れから髪やツメがパサパサしやすいという人は、昆布を積極的に食べるよう心がけて。

●便秘

昆布に含まれる豊富な繊維とアルギン酸は、腸の働きを活発にするので、便秘にもよいといわれています。

●デトックス効果

東洋医学の観点からみると、昆布にはデトックス効果もあると言われています。
体内に不要な毒を出してくれるので、積極的に摂りたい食材ですね。

<煮干し>

●便秘解消

カルシウムには老廃物の排出を促してくれる働きもあります。
煮干しのカルシウムが腸で脂肪とくっつくと、排出を促す働きをしてくれるため、便秘の解消を助けてくれることも期待できると言えます。

<乾しいたけ>

●ダイエットに!

乾しいたけには、食物繊維が豊富に含まれており、生シイタケの10倍も含まれていると言われています。エネルギーの過剰摂取予防や便秘解消などの効果があるので、ダイエットにはおすすめの食材です。

●美肌効果!

不足すると肌荒れの原因にもなるビタミンB2が含まれているので、お肌にもよいといわれています。

    手軽で本格!出汁パック

    「出汁」を取るのって手間も時間もかかりそう・・・「出汁」の取り方がわからない・・・
    「出汁パック」でも美味しい出汁がとれるの・・・??など出汁に関するお悩みを持っている方も多いはず。
    そんなあなたには「出汁パック」がおすすめです。
    • 手軽で本格だしパック!知って得する厳選だしパックのご紹介!
    • 本格だし徹底比較!人気の本格だしを徹底比較してみました!
    PAGE TOP ▲