だしハピ

元気とキレイの源「食」の情報を、
「出汁」をメインに発信します。

知っておきたい「出汁」と「食」の基礎知識

昆布の種類いろいろ

  • 更新日: 2015年10月05日
  • 118 views 

e52m_8521
だしを取る時や和食に使う昆布。
皆さんは昆布ならどれでも一緒!とか思っていませんか?

実は産地で全然違うんです!

日本の昆布のほとんどは北海道で採れているのは知っていましたか?
北海道の地域ごとで採れる昆布の種類も特徴も違うんですよ!

■真昆布
函館などの近くで採れる高級昆布である真昆布。
肉厚で幅が広いのが特徴の昆布で、独特の甘みが感じられるので
良質な出汁昆布として使われています。
古くは朝廷や将軍家に献上されていたという、
歴史のある最高級の昆布です。

■羅臼昆布
世界遺産にも登録された知床半島の南側という
限られた地域でしか採れない高級昆布です。
だしを取ると、うっすらと濁っただしから濃厚な香りがひろがるので、
そのだしの美味しさから「昆布の王様」とも呼ばれます。
採れる地域の狭さから希少性の高い昆布で、高級料亭などで使われています。

■利尻昆布
京料理によく使われるので、名前を聞いたことのある方も多いのではないでしょうか。
名前の通り北海道の北にある利尻島の周りで採れる昆布です。
上品な昆布の香りと味が強いことが特徴で、
澄んだだしを取ることが出来るのでお吸い物や湯豆腐などにオススメです。
京都名物の千枚漬けに使われているのも、この利尻昆布です。

■日高昆布
北海道の南側、日高地方で採れる昆布です。
荒波にもまれて育った日高昆布は、身がやわらかいので、
だしを取るだけでなく、煮物や佃煮、昆布巻きなどの料理に向いている昆布です。

いろいろな料理に使えるので便利でいいですね!

今回は北海道産の代表的な4種類を取り上げてみました。
普段は脇役の昆布ですが、こだわりの昆布でお料理してみても楽しいかもしれません。

    手軽で本格!出汁パック

    「出汁」を取るのって手間も時間もかかりそう・・・「出汁」の取り方がわからない・・・
    「出汁パック」でも美味しい出汁がとれるの・・・??など出汁に関するお悩みを持っている方も多いはず。
    そんなあなたには「出汁パック」がおすすめです。
    • 手軽で本格だしパック!知って得する厳選だしパックのご紹介!
    • 本格だし徹底比較!人気の本格だしを徹底比較してみました!
    PAGE TOP ▲