だしハピ

元気とキレイの源「食」の情報を、
「出汁」をメインに発信します。

知っておきたい「出汁」と「食」の基礎知識

a0027_002664毎日の食卓に欠かせない存在である汁物。
汁物をつくる際だしはどうしていますか?

家事や育児、仕事…様々な忙しさに追われる日々を皆さん送っていると思います。
いちいちだしをとることが億劫になりがちですよね。そのためインスタント顆粒だしで済ます方も多いのではないでしょうか。
しかし、インスタント顆粒だしは自分でとるよりも塩分や糖分が多く、化学調味料も含まれている場合があるのです!

具体的に、インスタント顆粒だしと自分でとる天然だし、二つの塩分濃度を比べでみましょう。
鰹節や昆布の一番だしや、煮干しのだしの場合、塩分濃度は約0.1%ほどです。しかしインスタント顆粒だしの塩分濃度は約0.3%です。
つまり、インスタント顆粒だしは天然だしの3倍も塩分濃度が高いんです!

天然だしはインスタント顆粒だしに比べて、塩分控えめ且つ健康的。またそれだけでなく天然だしの方が旨味成分は多いことがわかっています。
これを機にインスタント顆粒だしから天然だしにシフトしてはどうでしょうか?
先日ご紹介した【出汁の保存方法】を活かせば、だし取りにかかる時間は短縮することが出来ます。

また、乾燥椎茸や昆布などを水につけておくだけでも、簡単にだしは取れるんです!
中でも楽なのは、茶漉し付きのピッチャーにお好きなだしのもととなる具材を入れ一晩水に浸からせる、という方法です。これで簡単に旨味たっぷりのだしを取ることが出来ます。
(※翌日か2日後には使い切ってください。)

自分にあった楽なやり方で、少しずつ天然だしを取り入れてみてはいかがでしょうか。

    手軽で本格!出汁パック

    「出汁」を取るのって手間も時間もかかりそう・・・「出汁」の取り方がわからない・・・
    「出汁パック」でも美味しい出汁がとれるの・・・??など出汁に関するお悩みを持っている方も多いはず。
    そんなあなたには「出汁パック」がおすすめです。
    • 手軽で本格だしパック!知って得する厳選だしパックのご紹介!
    • 本格だし徹底比較!人気の本格だしを徹底比較してみました!
    PAGE TOP ▲